So-net無料ブログ作成
新感覚ポイントオークション ブログトップ

新感覚ポイントオークション攻略法研究 [新感覚ポイントオークション]

最新家電、ブランド品、ゲーム、パソコンなどが最大99%オフで買える!といううたい文句が多いペニーオークションが注目を集めている。激安DMMオークション・エンオク・ポチオク・イーオク・凄オク・GEOオークション・・・どれもシステムは似たようなもので、新しいサイトが続々と現れている。そんなに安く落札出来るならやってみようかな?と思う人も決して少なくないだろう。しかし中にはサクラ疑惑や、不正行為のあるサイトのうわさもある。

【落札商品の一例】

そのためまず大事になってくるのはサイトの見極めだ。そのサイトが信用できるサイトで本当に落札することができるサイトなのかを判断しなければならない。経験的に避けるべきサイトは次のようなものだ。

・残り時間が多いのに入札がやたら多い

・競り合う相手の入札タイミングが絶妙にギリギリすぎる

・常連がまったくいない

・やたらとルールが細かくユーザーに理不尽な取り決めがある

言うまでもないが、これらは論外。では、落札のコツということになるとどうなのだろうか。

落札出来る優良サイトには必ずユーザーが集中し、常駐する常連がいる。ところが、この常連に競り勝つことは著しく困難だ。職業的とも思える執念で競り合い、入札に使うコインの量が半端ではないのだ。強豪と競り合ってもメリットがないのはこの手のオークションの決まり事だ。そこで、常連が参加していないオークションを狙うのが賢い選択と言える。また、他の人が活動していない時間帯、不人気商品を狙う、といった姑息な手段もそこそこ有効だ。

【不人気商品の一例(笑)】

そして絶対確実な落札できるオークションサイトの判別方法は、ずばりポイント(コイン)への入札で落札できるかどうかだ。スクリプトや自動入札ロボットでユーザーに落札させないサイトもあると聞くが、落とせないサイトは全商品落札不可能なようだ。この点ひどく徹底している。そこが逆に墓穴を掘っておりポイント(コイン)も落札できないw。本来ならポイント(コイン)の落札はユーザーサービスのはずなので、これが落札できないのは、かなり怪しいといえるのだ。

【落札された一例】

実際に落札できる場合は、そのほとんどが信じられないくらいの激安価格になるわけだが、いかんせん「ペニーオークション」「新感覚ポイントオークション」は日本ではさほどメジャーな存在ではなく、うさんくささがぬぐえないと感じる人も多い。そこで、まず無料のサービスポイント(コイン)のあるサイトで練習を兼ねて挑戦するのが安全なやり方だ。そして、常連のいないサイトを狙う、つまり新規サイトがおいしいわけだ。

■たとえばここ

 

最後に、キモに命じていただきたいのだが、「ペニーオークション」「新感覚ポイントオークション」は入札金額で落札できるのではなく、他の参加者との競り合いに勝つことが必要だという点だ。登録をすませてポイント(コイン)を用意しても、熱くならず、様子をうかがい、ここぞという時に的確に入札する。一度入れたら絶対に引かずに落札まで投入。これが強豪ネームとなるただ一つの方法だ。

それでは、幸運を祈る。


 


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング
新感覚ポイントオークション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。